日本花架拳学会
平成30年12月10日更新(毎週月曜日更新)
今週の運動の紹介です。
気軽にどうぞ。
 

■馬歩推掌/マブトウイザン■

~主にひじ、手首、指関節、股関節、膝、足首を鍛錬~

今回は、練功十八法の動きの中から四肢の関節痛を予防、治療する練功法を紹介します。
 
ゆっくり、とぎれなく動きましょう。

 

私と一緒にどうぞ

 

★呼吸法
1~8までの動作があります。
1、3、5、7で息を吸う(鼻から)
2、4、6、8で息を吐く(口から)
一動作4秒くらいずつで筋肉に意識をもちながらゆっくりと行ってください。
 
 
★ポイント
両足は肩幅の一つ半の広さに開き立ちます。
1で両膝を曲げ、腰を沈め、同時に両腕を内旋させ前へ推し出します。
2で元の姿勢に戻します。
3~8は1~2の繰り返しです。
 
上体が前に傾いて腰が浮いたりお尻を突き出したりしないように気をつけましょう。
 
 
 詳しくは『図解・練功十八法』吉川昌代著(ベースボールマガジン社)の本文をご覧ください。